So-net無料ブログ作成
検索選択

「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望(医療介護CBニュース)

 政府の「障がい者制度改革推進会議」は4月19日、精神疾患者が多いという「引きこもり」の人や、「在日無年金障害者」などを支援する12団体からヒアリングを実施した。廃止される「障害者自立支援法」に代わる「障がい者総合福祉法」(仮称)や「障害者差別禁止法」(同)の制定に向けて、当事者たちの意見を収集する目的。

 ヒアリングでは、「全国引きこもりKHJ親の会」が障害の定義に「引きこもり」を加えるよう求めたほか、「年金制度の国籍条項を完全撤廃させる全国連絡会」の関係者らが、在日韓国人の無年金障害者の早期救済を求めた。ほかに自閉症、知的障害者、遷延性意識障害者、肢体障害者など各種障害者や難病患者を支援する団体が意見と要望を述べた。

■ネット通じて100団体からも意見収集へ

 同会議の藤井克徳議長代理はヒアリングを終え、「社会保障制度の谷間と理不尽を感じた。ほかにも全国レベルで活動する障害者団体は100以上ある。それらについても大事にしていきたい」と強調。これを受けて障がい者制度改革推進会議室の東俊裕室長は、「インターネットを通じて、ほかの障害者団体からも意見を収集していきたい」と述べた。

 同会議は今後、4月26日、5月10日、17日の開催を予定しており、関係省庁として文部科学省、法務省、総務省からヒアリングを行う。4月27日には「障がい者総合福祉法」の在り方を障害者団体の代表、有識者、行政担当者ら総勢55人で議論する「総合福祉部会」を開催する予定だ。東室長は「55人体制は前代未聞で不安もあるが、公的な場での議論への反応に期待している」とした。


【関連記事】
障がい者の公的支援サービス再開率6割―厚労省
27日に総合福祉部会の初会合―障がい者制度改革推進会議
医療体制の在り方など議論―障がい者制度改革推進会議
「障がい者総合福祉法」の議論スタート―改革推進会議
障害者の定義を「社会モデル」へ―制度改革推進会議

高速新料金法案に「異唱えぬ」=川内衆院国交委員長が首相に(時事通信)
PKO参加5原則の見直し先送り…岡田外相(読売新聞)
発祥の地…横浜オリジナルのサイダー発売へ(産経新聞)
<都ぼったくり条例違反>初摘発 風俗店経営者ら(毎日新聞)
需要予測の統一モデル構築へ=調査手法見直しで検討委−国交省(時事通信)

日本本土初空襲 忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)

 太平洋戦争初期の1942年4月18日に、米軍による初めての日本本土空襲(ドゥーリトル空襲)を受けた東京都荒川区の尾久地区の住民が、初空襲の事実を語り継ぐ活動に取り組んでいる。被災者や目撃者を探すなど検証を進め、18日に区内の首都大学東京荒川キャンパスで「尾久初空襲を忘れないコンサート」を開く。当時の報道管制の中で伏せられた「戦争の真実」を掘り起こし若い世代に伝えていきたいという。【山田奈緒】

 ◇68年経て18日にコンサート

 尾久地区では空襲で約10人が死亡、数十人が負傷したとされる。だが、当時の新聞では「九機を撃墜撃退す」などと短く報じられただけで、軍部が空襲被害の事実を隠そうとしていたことがうかがえる。今でも被害の実態はよく知られていない。

 コンサート実行委員会委員長の田村正彦さん(74)は戦前から尾久地区に住み、初空襲に遭った。当時小学1年生で、爆風で自宅の床板がはがれて飛び、家全体が傾いてしまったことを覚えている。

 「初空襲が忘れ去られないように」と08年末ごろ、近所の人たちと一緒に当時を知る住民からの聞き取りなどを始めた。体験者は既に亡くなっている場合が多く、実態調査は難航した。「東京大空襲は覚えているが、初空襲は覚えていない」「『爆弾が落ちた跡地を見に行くな』と親に言われた」との証言も。

 「米軍に初めて攻撃されたことは、当時は不名誉とされていた。地域のタブーのようで、これまで語り継がれる機会は少なかった」と田村さん。それでも地道に聞き取りを進めるうちに、少しずつ証言が集まった。尾久地区から約2キロに自宅があった住民からは「米軍の爆撃機から、バラバラと爆弾が尾久の方に落ちていくのを見た」という生々しい目撃証言も得られた。

 田村さんは「地元の力で空襲の事実と平和の尊さを語り継ごうという思いは徐々に広がった。身近な歴史を見つめ直すことで、広く平和を考えるようになってほしい」と話す。

 18日のコンサートでは田村さんらが戦争体験を語るほか、地元中学校の吹奏楽部が演奏する。午後1時半から。入場無料。問い合わせは田村さん方(03・3810・0800)まで。

 ◇ドゥーリトル空襲◇

 1941年12月8日に真珠湾攻撃を受けた米軍が、反撃として日本本土を初爆撃した空襲。指揮官はドゥーリトル中佐。42年4月18日、空母から飛び立ったB25爆撃機16機が東京、川崎、名古屋神戸などを襲った。米軍による日本本土への爆撃に道を開いたとされる。

【関連ニュース
遺骨:DNA鑑定で元日本兵の身元確認 大阪出身・井上さん−−ニューギニア
探検録:土崎空襲・爆撃目標の日石秋田製油所(その1) /秋田
城北大空襲:4・13小さな追悼会 「根津山」の南池袋公園で /東京
川村吾蔵記念館:佐久市出身の彫刻家顕彰、五稜郭公園に完成 /長野
戦没者追悼式:柳井で戦没者しのび /山口

免疫抑制剤プログラフをインドで発売―アステラス(医療介護CBニュース)
大和ハウス奈良工場、2月にも火災 4千平方メートル焼く(産経新聞)
移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
長野の一家3人死体遺棄、4人を逮捕(読売新聞)
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)

林業再生へ鳩山首相が意欲=菅原文太氏ら招き意見交換(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は8日、地球温暖化防止に重要な役割を果たす林業の振興策をめぐり、農業を営む俳優の菅原文太さんらを官邸に招き意見交換した。首相はあいさつで、「みなさんの知恵で森林、林業を再生したい」と意欲を語った。
 菅原さんは「コンクリートから木へ」と毛筆で手書きした紙を首相にプレゼント。会合後、記者団に対し、「もうコンクリートはいい」などの意見を伝えたことを明らかにした。
 会合に出席した赤松広隆農水相によると、他の出席者からも「国民運動として1人1本、毎年植林を」などの提案が上がり、「首相は非常に前向きだった」という。 

【関連ニュース
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真ニュース〕行政刷新会議であいさつする鳩山首相
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
海洋観測装置に不具合=一部データ取得できず
鳩山首相、新党にコメントせず

女性の75%がメタボに高い関心(産経新聞)
よみがえった武田軍=山梨県〔地域〕(時事通信)
女子学生へのセクハラ  田勢早大教授が「解職」(J-CASTニュース)
インフルで「休校・学年・学級閉鎖」ゼロに(読売新聞)
<厚生年金基金汚職>元理事が退職後も月18万円(毎日新聞)

<NTTドコモ>スマートフォン「エクスペリア」 1日発売(毎日新聞)

 NTTドコモの新しいスマートフォン「Xperia(エクスペリア)」(ソニー・エリクソン製)の販売が1日、始まった。ヨドバシカメラ秋葉原店では、ドコモの山田隆持社長とヨドバシカメラの藤沢昭和社長、女優の成海璃子さんらが出席して、テープカットが行われた。スマートフォン向けソフトなどを販売するドコモのポータルサイト「ドコモマーケット」も同日スタートする。

 「エクスペリア」は、ソニー・エリクソンが初めて、米グーグルの携帯電話向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を使って開発した機種。ディスプレーは4インチのタッチパネル。「インフィニット」ボタンと呼ばれる検索ボタンで、音楽再生中にアーティストの関連情報や、友人との電話、メール、短文コミュニケーションサービス「ツイッター」でのやりとりなどを検索して一覧表示することもできる。

 「ドコモマーケット」は、アンドロイド向けに、同社が勧めるソフトを紹介するほか、独自コンテンツも提供する。独自コンテンツは、毎日新聞の速報と簡易型ブログ「Twitter」(ツイッター)のつぶやきを提供する「毎日新聞Android版」(無料)など。

 「アンドロイド」を使った日本の端末は、「エクスペリア」のほか、09年7月に発売された「HT03A」(HTC、NTTドコモ)、4月下旬に発売予定の「ディザイア」(HTC、ソフトバンク)、6月以降に発売予定の「IS01」(シャープ、KDDI)がある。【岡礼子】

【関連ニュース】
【Xperiaをもっと見る!】NTTドコモ:ソニー・エリクソンのスマートフォン
【関連記事】NTTドコモ:スマートフォン「Xperia」 4月1日発売
【写真特集】小栗旬:260リットルの水かぶる ソニーエリクソンの防水携帯CM
【写真特集】KDDI:スマートフォンに参入 アンドロイド初の国産 6月以降発売

<火災>マンションの一室全焼、1人死亡2人重体 川崎(毎日新聞)
首相動静(3月30日)(時事通信)
新型インフル総括会議が初会合(医療介護CBニュース)
虐待の恐怖から救え 松本聖香さん事件から1年 遺族、厳罰化訴え(産経新聞)
「懸命な捜査、誠に残念」=銃撃事件時効で安藤警察庁長官(時事通信)

暴力団雑誌の撤去要請「違法」=作家宮崎氏が県提訴−福岡地裁(時事通信)

 福岡県警が県内にチェーン展開するコンビニに対し、暴力団情報を扱った雑誌などを販売しないよう要請したことについて、作家宮崎学氏が1日、「要請は表現や出版の自由を規制するもので違法」などとして、県に550万円の損害賠償を求める訴えを福岡地裁に起こした。
 訴状などによると、県警は昨年12月、暴力団情報を取り扱ったコミック73冊と雑誌3誌について、コンビニ各社に販売中止の検討を文書で要請。大手などが納品を取りやめたり、加盟店に撤去を求めたりした。うちコミック1冊は宮崎氏の本を原作としたものだった。 

首相「郵政改革、閣内バラバラではない」(産経新聞)
<偽1万円札>1都6県で151枚使った疑い 3人を逮捕 (毎日新聞)
霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)
民主、正副幹事長会議 「小沢−生方」直接対決空振り(産経新聞)

<総務省>官房総務課長らの人事異動 大臣遅刻で「更迭」か(毎日新聞)

 原口一博総務相が4月1日付で内示した官房総務課長ら4人の人事異動について、総務省内で26日、原口氏が2度にわたり委員会出席に遅刻した責任を取らされたとの「更迭人事」との見方が広がった。原口氏は26日の会見で「更迭ではない」と明確に否定しているが、省内には不満がくすぶっている。

 原口氏は3日の参院予算委に遅刻した際、「事務方の連絡ミス」と説明。16日の参院総務委にも遅れた。4人はいずれも国会との連絡・調整を担当していた。ただ、今回の総務課長の異動先は情報通信国際戦略局の参事官で、過去に同様のルートで異動が行われたこともあり、更迭説の真偽は不明確だ。【石川貴教】

【関連ニュース
消えた年金:第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中
原口総務相:自殺報道照会「今後、十分に注意」
原口総務相:遅刻で謝罪 参院総務委が中止
原口総務相:出版パーティー開く 会費2万円で「質素」に
夕張市:総務相、再生計画同意 全国初「財政再生団体」に

米海兵隊、沖縄に必要=平野官房長官(時事通信)
高橋「世界一」 先輩 やったね 母校関大祝クラッカー (産経新聞)
発電用風車から健康に影響する低周波音(読売新聞)
コウノトリ 卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡(毎日新聞)
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。